ピアノ指導に関する本は沢山出ていますが、最近読んだ本の中でこれはとてもおすすめです♪

中嶋恵美子著「知っておきたい幼児の特性~ピアノ・レッスン「なぜ、わからないの?」と悩む前に~

1610

まず、中嶋恵美子先生といえば、発達障碍の生徒さんのピアノレッスン指導法でこれまでにもいくつか本を出されていて

ブログなどでも多くのことを発信している著名なピアノ指導者です。

私もこれまで発達障碍の生徒さんを何人も見てきているので、とても参考にさせていただいています。

「はじめに」を引用すると

「幼児の特性を知ると『なぜ?』と思うのはナンセンスだということがわかります。

なぜなら、それが幼児というものだからです。

『幼児ってこういうものなのね!』と思えるようになると、これらの悩みは一気に解消します。

そして、『あれもいいかも!これもいいかも!』と手当たり次第に試すのではなく、

その時々に応じた、より効果的なアプローチが生み出せるようになるのです」

この本では、

・ドレミはわかってもドシラはわからない

・なぜ文字を左右反転させて書くのか?

など、大人からみると不思議だなぁと思うことがこの本には詳しく書かれています。

ヘ音記号が苦手なお子様が多い事も幼児の特性だそうです。

そのためにどのようなレッスンが効果的なのか詳しく書いてあり、指導者はもちろん、

保護者の方にもおすすめです♪

教室の生徒さんで読んでみたい方は貸し出しますので講師にお声掛けくださいね♪