東京都調布市柴崎・つつじヶ丘 世田谷区千歳船橋にある音楽教室 – ユリミュージックキャンパス

講師プロフィール

  • HOME »
  • 講師プロフィール

島影 有希(しまかげ ゆき)

沖縄県宮古島市出身。
東邦音楽短期大学、東邦音楽大学を首席で卒業。東邦音楽大学大学院修了。
卒業時に三室戸為光記念奨励賞受賞。
大学3年次、大学院1年次にオーストリア(ウィーン)に短期留学する。
大阪国際音楽コンクール入選、ショパンコンクールin asia関東大会銅賞、ピティナピアノコンペティションなど多数のコンクールで入賞。
読売新聞社主催新人演奏会、調律師協会主催新人演奏会に出演。
伴奏ピアニストとして東邦音楽大学でオペラや歌曲、指揮法の授業を担当する。
現在、東邦音楽大学音楽学校講師。
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導会員。

メッセージ:教え込むレッスンではなく、自ら考え表現し、ピアノを通じて生きる力を育めるような指導を心がけています。
ピアノが小さい頃の一時期の習いごとではなく、一生の友達になるように・・・
私自身がピアノや音楽に支えられ、励まされてきたように、音楽の楽しさ、素晴らしさを伝えていきたいと考えています。

小林 加奈(こばやし かな)

photo_kobayashi

岐阜県恵那市出身。
愛知県立明和高等学校卒業の後、桐朋学園大学音楽学部音楽学科卒業。
在学中に高等学校教諭第一種免許取得(音楽)。
大学卒業後は、岐阜、名古屋にてピアノ、桐朋学園大学附属こどものための音楽教室のソルフェージュの指導にあたる。
合唱団の伴奏等、演奏活動も積極的に行う。
ヤマハ指導グレード4級、演奏グレード5級取得。

メッセージ:ピアノは鍵盤を押せばだれでも音が出せます。
しかし、同じ楽器、音でも弾く人によってその音色はちがいます。
また、同じ人でも、その時の気分や、曲のイメージによっても変わります。
音をきき、感じ、表現する、それが私はピアノの醍醐味、楽しさだと思っています。
ぜひみなさんもピアノと会話しながら色んな音を楽しんでみてください♪
私もたくさんの音色に出会えることを楽しみにしています。

仲摩 綾野(なかま あやの)

photo_nakama

三重県桑名市出身。
名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。
フェリス女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
中学、高等学校教諭第1種免許取得(音楽)。
読売中部新人演奏会、Fグループコンサート、ほのぼの駅コン、星空のコンサート等に出演。

メッセージ:「こんな曲を弾きたい!」、「こんな風に表現したい!」という気持ちを大切にしています。
お子様の成長を見守りながら、壁にぶつかったときには励まし、また上手く弾けたときには一緒に喜びながら、楽しくレッスンを行います。
ピアノを通じて音楽の素晴らしさを感じ、人生を豊かにするエッセンスの1つにして頂けたらと思っています。

猪口 真理(いのぐち まり)

photo_inoguchi

フェリス女学院大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻修了。
中学高等学校教諭専修免許(音楽)取得。
東北青少年音楽コンクール第3位。ザルツブルク夏期国際音楽アカデミー等、国内外のセミナーに参加。
現在、フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手。ピアノソロの他、歌曲伴奏や弦楽器とのアンサンブル等、演奏活動を行う。

メッセージ:幼少期の私はとても内気で人見知りでしたが、毎週ピアノを続けているうちに、たくさんの曲や新しい友達に出会い、少しずつ自分の世界が広がっていき、いつしかピアノを弾くことが自分のアイデンティティと思えるようになりました。
たくさんの音楽や人との出会いは、必ずや心を豊かにしてくれると思います。一緒に楽しみながら、ピアノを弾いてみましょう。

永翁 亜貴(ながおさ あき)

佐賀県唐津市出身。
桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業、同大学研究科修了。
高等学校教諭1種免許取得。
九州音楽コンクール最優秀賞。
佐賀県新人演奏会新人奨励賞(第1位)。
ドイツにてマスタークラス受講。
これまでに田中美江、徳丸聰子、紅林こずえ、仲道郁代の各氏に師事。

メッセージ:生徒様1人1人の個性やレベルに合わせて、丁寧な指導を心掛けています。
また、コミュニケーションも大切にしながら、充実した楽しいレッスンを目指します。
一緒に音楽を楽しみましょう♪

齋藤 恵(さいとう めぐみ)

4歳よりピアノを始める。
桐朋学園芸術短期大学音楽専攻ピアノ科。
ヤコブ・ロイシュナー氏による公開レッスン受講。
ハンガリー、リスト音楽院にて短期研修。ジョルジュ・ナードル氏より指導を受ける。

メッセージ:私は幼い頃音楽の道を志して以来、かなりの回り道をしました。
長年の夢をやっと叶えた現在思うことは、音楽はいくつになっても、いつ始めても可能性を信じていけるものだということです。どんな人にも平等に素晴らしい感動を与えてくれます。
ピアノの練習は地道で根気の要る作業ですが、お子様方の成長の上で必要な忍耐力や持久力を育み学力の向上にもつながると、子育てや講師の経験から実感しております。
一緒に音の世界を楽しみながら、ピアノが好き!と思える時間を作っていきましょう。

岩崎 香織(いわさき かおり)

昭和音楽大学ピアノ専攻首席卒業。
卒業後、同大学声楽・ミュージカル伴奏研究員を務める。
第1回ATC ピアノフェスティバル最優秀賞
第14回ペトロフピアノコンクール奨励賞
第2回ベーテンピアノコンクール入選
現在、声楽伴奏、アンサンブル、アウトリーチ活動など行う。 
昭和音楽大学附属音楽教室ピアノ講師、日本演奏連盟会員。

メッセージ:ピアノは一生弾き続けることができる素晴らしい楽器です。人の成長とともに音も音楽も成長していきます。ピアノは弾いている人のその時の「心」を映しだす「鏡」です。
私も小学生の頃からピアノを弾き続けてきました。幼かった時も、ピアノの練習は、友達と遊ぶのと同様に楽しいことでした。それはきっと先生方が楽しいレッスンをしてくださったからだと思います。
私自身、ピアノを教える立場になって心がけたいと思っていることは、生徒さんそれぞれが、ピアノと「長いお付き合い」ができるような基礎を築いてさしあげたいということです。

田中 祐子(たなか ゆうこ)

武蔵野音楽大学卒業同大学院修了、ロータリー財団の奨学生としてドイツ国立デトモルト音楽大学に留学、最高点で卒業。ピアノを本多万里子、故G.ヴァシャヘーリ、J.P.セヴィア、F.W.シュヌアーほかの各氏に、室内楽をH.Dクラウス、故J.ミヒャエルス、H.ユングの各氏に師事。ソロ・リサイタルの他、室内楽や子供向けのコンサート「おんがくなかま」の活動にも力を注ぐ。現在、武蔵野音楽大学附属江古田および多摩音楽教室講師。

メッセージ:私はピアノ講師をとても幸せな職業だと思っています。
それは生徒さんそれぞれの成長をそばで見守ることができるからです。
嬉しい時、悲しい時、楽しい時、辛い時。
もしいつもピアノと音楽が、あなたのそばにいてくれたら。
音楽の愉しみは誰にも取られることのない、一生の友達で宝物です。
ピアノと一生の友達になってみませんか。

水本 日菜子(みずもと ひなこ)

兵庫県姫路市出身
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学大学学院在学中。
KOBE国際学生音楽コンクール小中高の部、優秀賞ならびに兵庫県芸術文化協会賞受賞。京都芸術祭に出演、聴衆賞受賞、独唱独奏音楽コンクール、金賞ならびに姫路市文化協会賞受賞。姫路市交響楽団と共演等。
野山真希、仲道郁代の各氏に師事。

メッセージ:レッスンの中で、ピアノってこんなに楽しいんだ!もっと弾けるようになりたい!と思えるようなレッスンを心がけております。
一緒に楽しい時間を作っていきましょう!

工藤 まい(くどう まい)

洗足学園音楽大学 卒業、同専攻科修了。
リトミック研究センター 指導者認定。
オーストリア(ウィーン国立音楽大学、ウィーン クララ・ヴィーク シューマンホール)にてコンサート出演。オペラ「フィガロの結婚」花娘Ⅰでデビュー後、ヘンゼルとグレーテル、トスカ、ラ・ボエームなど数多くオペラに出演。また、幼少期よりミュージカルに数多く出演し、主演を務める。
クラシックからクロスオーバー、ポップス、ミュージカルなど様々なジャンルで音楽活動を行う。

音楽教室、保育園、幼稚園、児童館など各施設リトミック講師。
声楽、ボーカル、ミュージカル、合唱団、声優、ボイストレーニング、歌唱指導。老人ホームにて音楽活動を指導。
リトミック、老人ホームでの指導経験を活かし、0歳から80代まで幅広く、指導を行うほか、ラジオパーソナリティ、ショーやイベントのMC、コンサート司会でも活動している。

メッセージ:子どもたちは音楽が大好きです!
潜在能力の8割以上が形成されるという大切な乳幼児期に『聞く・歌う・創る』の基本的な作業を、子ども達が大好きな音楽を通し身体を動かしながら経験していくことで、お子様一人ひとりの持つ豊かな感性を身に着けていきます。
心と身体のバランスを整え、表現力、集中力、協調性などを育てます。親子の触れ合いや、自主性を伸ばしたり、年齢や個性に合わせたレッスンで子ども達の可能性を大きく伸ばしていくことを目標としています。
リトミックでのお子様の成長を通し、感動や喜びを感じていきましょう。

堀江 ひかり(ほりえ ひかり)

茨城県常陸大宮市出身。
6歳よりヴァイオリンを始め、茨城県水戸第三高等学校音楽科を経て洗足学園音楽大学音楽学部卒業。
これまでに城戸範子、栗原りか、水野佐知香、西谷国登の各氏に師事。身体の使い方を学び体の力みを手放す技法アレクサンダーテクニークを川浪裕史氏に師事。

メッセージ:音楽が好き、ヴァイオリンが好きという気持ちを大事にし、楽しく学べるように指導していきたいと思っております。
性格や考え方、学ぶスピードも十人十色。
一人一人の個性を尊重し、生徒さんとのコミュニケーションを大切にしながら、ただ弾けるようになるだけでなく、音楽を通して様々な観点から学び成長できるようなお手伝いができたらと思っております。

柴田 恵奈(しばた えな)

ヴァイオリンを廣瀬卓、木野雅之、細野京子の各氏に師事。イヴリー・ギトリス、ハビブ・カヤレイ、エンリコ・オノフリ各マスタークラスを受講。2016年5月、紀尾井ホールにおいて「熊本地震 復興支援チャリティ・ガラコン サート」に出演。同年10月、「中丸三千繪スペシャルリサイタル」に出演。2017年3月、第11回セシリア国際音楽コンクール第4位。同年9月、フィルハーモニックオーケストラ長崎定期演奏会にてソリストを務めた。同年10月、第18回大阪国際音楽コンクール入選。桐朋学園大学卒業。

メッセージ:音楽には人の心を動かす力があり、演奏する側はもちろんですが、聴いてくださった方々に幸せを届けることが出来る、魔法のようなものです。
特に、ヴァイオリンなどの弦楽器は、オーケストラや室内楽など人と演奏することが多く、その中で自分のことをアピールする力・思いやりの気持ちが育ちます。
一緒に音楽を楽しみながら、よりきらめきのある人生を送りませんか。

中野 幸一(なかの こういち)

福岡県出身。中学生の時に聴いたトミーエマニュエルの演奏に強く影響を受けギターをはじめる。
中学時代2年間ギタリスト岡崎倫典氏に師事。
2011年よりドイツのアンプメーカーAER社とのエンドース契約を結びプロギタリストとしてのキャリアをスタート。
現在はアーティストのライブサポートやレコーディングを中心に活動中。

調布柴崎教室
042-426-9166
千歳船橋教室
03-6413-6520
ご入会までの流れ
体験レッスン受付中!今なら無料!
  • facebook
PAGETOP